アドセンスで月収10万円を達成するのに必要なPV数を低く見積もって検証してみた

アドセンスで月収10万円を達成するのに必要なPV数を低く見積もって検証してみた

Google AdSenseで月収10万円を安定的に稼げたらいいですよね。

不動産投資や投資信託などと違って、サイトやブログで資産を構築する方法はリスクがないだけでなく、大きなリターンを見込めます。

仮に毎月10万円をGoogle AdSenseで稼ごうと思った場合、1日あたりにどのくらいのページビューが必要なのでしょうか?

アドセンス収益額=PV数×クリック率×クリック単価

まず最初にアドセンスの収益額は、ページビューの数×クリック回数×クリック単価によって計算されます。

例えば、1つのサイトが1日に100ページ読まれて、アドセンス広告が1回クリックされて、その1回のクリック単価が25円だったとしましょう。

そうすると、1日のアドセンス収益は25円なので、約1ヶ月間のアドセンス収益は25円×30日=750円です。

1日25円で計算すると、月収10万円までの道のりは、なかなか長い道のりです( ̄▽ ̄;)

アドセンスで月収10万円を達成するのに必要なページビュー数

あなたの作ったブログが徐々にアクセスを呼び込んで、1日に1000ページビュー読まれたとします。

アドセンスの平均クリック率は、ジャンルやテーマによってばらつきはありますが、平均でいうとだいたい約1%です。

そうすると、1000ページビューのクリック率(1%)は10回なので、クリック単価が25円だった場合は250円になります。

毎月のアドセンス報酬はこれで、7500円くらいです。

仮にこのような7500円の収益をだしてくれる資産サイトを13サイト作ったとしましょう。

そうすると、7500円×13サイト=97500円になります。

1日あたりのページビュー数に置き換えると、13000ページビューです。

つまり、毎日13000PVあれば、月に10万円を達成できるというかんじですね。

1日13000PVを効率よく達成する方法

1サイトで13000PVを目指してもいいんですが、ページビュー数を増やすには、幾つかのサイトを同時並行で更新していくことをオススメします。

複数のサイトを量産しながら、アクセスがより多く集まった記事を優先的に更新していく感じですね。

この方法でサイトを量産して、Google AdSenseで毎月数百万円以上もの収益を得ているブロガーは多くいます。

とくにジャンルやテーマを絞りこんだ特化型ブログなどは1クリックあたりの広告単価も高くなりやすいため、そこまでページビューが集まらなくても高い収益を得ることが可能です。

クリック単価をあげたい場合は、色んな情報を混ぜ込んだ「ごちゃまぜブログ」よりも、1つのテーマに特化した「特化型ブログ」をおすすめします。

1点集中型で1日に13000PVを達成したい場合

なかには1つのサイトで圧倒的なコンテンツ数を更新して、1日に数万単位のページビューを増やすサイト運営者もいます。

例えば、1日で1記事あたり10ページビュー読まれるコンテンツが全部で1300記事あれば、1日に13000PVを達成できます。

1サイトで1300記事となれば、かなりの規模感なので、最初はハードルが高く感じるかもしれません。

ですが、長期戦で考えれば意外に現実的に達成できる数字です。

単純に1日に3.6記事を1年間更新し続ければ、1314記事をストックさせることができます。

1日で1記事あたり10PV読まれるコンテンツが全部で1314記事なので、13140PVですね。

仮にクッリク率が1%で1クリックあたりの単価が25円なら、131.4クリック×25円なので、1日あたりの収益は3285円になります。

クリック率が倍の2%であれば、1日あたりの収益は262.8クリック×25円=6570円です。(毎月約20万円)

その状態でクリック単価が倍の50円であれば、262.8クリック×50円=13140円の収益になります。(毎月約40万円)

ジャンルやテーマによってクリック率やクリック単価は変わりますが、ページビュー数を増やすことと、クリック率を引き上げることは可能です。

良質な記事を更新し続け、広告の配置に工夫をこらすことで、PV数とクリック率はいくらでも増加していきます。

よって、地道にコツコツと記事を更新してさえいれば、アドセンスで安定的に10万円稼ぐことは充分に可能だと言えます。

【コラム】クリック率とクリック単価を引き上げるには「お悩み解決物販系」が狙い目!

せっかく多くのアクセスを集めたのに、1回あたりのクリック単価が少ないと寂しいですよね。

AdSenseの面白いところは、選んだジャンルやテーマによって、クリック率やクリック単価が大きく変わるところです。

例えば、芸能情報などを取り扱ったトレンド系のブログ記事はクリック率、クリック単価ともに少ない傾向にあります。

芸能系の記事ではクリック率が0.5%を下回ることもザラにありますし、クリック単価も10円を下回ることもあります。

せっかく1日あたり13000PV集めたのに、クリック率が0.5%ならクリックされる回数は65回です。

65クリック×10円なら、1日あたり650円ほどの収益なので、さすがにこれではモチベーションも低下します。

そこで、クリック率とクリック単価を引き上げるコンテンツを作ることになるんですが、クリック率とクリック単価を引き上げるにはちょっとしたコツがあります。

それが、悩みの深いジャンル(特化したジャンル)×物販系のサイトを作ることです。

例えば、大人ニキビで悩んでいる人に向けたコンテンツを作っていけば、より悩みの深いユーザーがサイトを巡回してくれるようになります。

そこに大人ニキビが改善できるようなニキビケア商品の広告が表示されたら どうでしょうか?

きっと、悩みが深いぶん、サイト訪問者の広告をクリックする頻度が高くなるはずです。

もちろん、クリックされるだけでなく、クリックされた先の広告主ページで商品が購入される確率も上がります。

そうなれば、結果的にクリック単価が大きく引き上げられるため、収益をグンと伸ばしていくことが可能になるというわけです。

悩みの深いコンテンツを作っていけば、たとえ検索ページの上位に表示できなくても検索ユーザーに読まれる可能性があがります。

そういった意味ではアクセスも集めながら、クリック率もクリック単価も引き上げていけるので、1粒で3度美味しい感じですね。

Google AdSenseで安定的に大きな収益をあげていきたいなら、特化したコンテンツは確実に作成したほうが良いと思います。

この記事のまとめ

・AdSenseの収益は、読まれるページ数(ページビュー)×クリックされる回数×クリックされる広告の単価

・月収10万円を稼ぐのに必要な1日あたりのPV数は約13000PV(クリック率が1%、クリック単価が25円だと仮定した場合)

・クリック率とクリック単価が引き上がっていけば、PV数が増えていくほどに大きな収益になる

・悩みの深いジャンル×解決系商品の組み合わせで、クリック率とクリック単価を引き上げることができる