アドセンスで稼ぐうえで大事なこと|googleの基本的な考え方を理解しよう

アドセンスで稼ぐうえで大事なこと|googleの基本的な考え方を理解しよう

よっしゃ!アドセンスで稼ぐぞ!と意気込む前に、まずはアドセンスの仕組みを知っておく必要があります。

僕たちサイト運営者にとって何が求められているのかを理解し、どういったコンテンツを作り、どんなふうにアドセンスを運営していけばいいのかを一緒に熟考していきましょう。

googleの基本的な考え方を理解してアドセンスで稼ぐための土台を固めよう

アドセンスでの収益を上げていこうと思ったら、すぐに記事を書いていきたいなと思うかもしれません。

ですが、アドセンスでの収益を引き上げるには、中長期思考のマインドでサイトを運営していくことが大切です。

なので、まずはgoogleがアドセンスをどのような理念をもって提供してくれているのかを把握しておきましょう。

googleの意向を僕たちサイト運営者が汲み取ることができれば、無駄な作業を省くことができるので、アドセンスでの収益を掴み取ることが可能です。

反対にもし、googleの考えを理解しないままに自分の主観的な考えだけで記事を更新していると、収益が期待できないだけでなく、最悪の場合はgoogleからアドセンスアカウントを剥奪されてしまう可能性もあります。

そういった悲劇的な結末を迎えないためにも、googleの基本的な考え方を押さえておきましょう。

googleがもっとも大事しているのはサイトを利用する検索ユーザー

googleがいちばん大切にしているのは、インターネットを利用する検索ユーザーです。

ユーザー至上主義と言い切ってもいいくらい、googleがもっとも大事しているのがユーザーなんですね。

googleは、検索ユーザーのことを第一に考えた検索エンジンを作っています。

つまり僕たちサイト運営者もユーザーに焦点を当てる必要があるということです。

ユーザーに焦点を絞った状態でコンテンツを作成していけば、まちがいなくgoogleは引き上げてくれます。

これはgoogle社が掲げている「10の事実」のなかの1番目の項目に入っているので絶対的なものです。

・ユーザーに焦点を当ててしまえば、他のものは全部あとからついてくる

こんなふうに公言してくれているわけですから、僕たちサイト運営者は、とにかくユーザーに喜んでもらうことをしていく必要があります。

googleが掲げている「10の事実」をご紹介します

先程もお話ししたようにgoogleはユーザーのことを最重要視しています。

ユーザにはじまり、ユーザにおわるのがgoogleの理念だと言い切ってもいいでしょう。

google社が掲げている「10の事実」

1) Focus on the user and all else will follow.
ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2) It’s best to do one thing really, really well.
1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3) Fast is better than slow.
遅いより速いほうがいい。

4) Democracy on the web works.
ウェブでも民主主義は機能する。

5) You don’t need to be at your desk to need an answer.
情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6) You can make money without doing evil.
悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7) There’s always more information out there.
世の中にはまだまだ情報があふれている。

8) The need for information crosses all borders.
情報のニーズはすべての国境を越える。

9) You can be serious without a suit.
スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10) Great just isn’t good enough.
「すばらしい」では足りない。

【引用元:】https://www.google.com/intl/ja_JP/about/philosophy.html

googleが会社を設立した年が1998年です。

設立してから数年たったときに、この「10の事実」という革新的なリストが出来上がりました。

なお、「10の事実」は、10年以上経過した2018年現在にわたるまで、なにか不備な部分がないか、事実に偽りがないかどうかを確認しています。

グーグルアドセンスの仕組みを理解する|4人の登場人物の優先順位

アドセンスでは、ユーザーも含め、全部で4者の登場人物が存在していることで成立しています。

そして、その4者のなかでもっとも大事な存在がユーザーです。

その次は僕たちサイト運営者かと思いきや、実はちがいます。

アドセンスで収益をあげていくことができるのは、広告主がいるからです。

なので、ユーザーについで大事にされるのは広告主ということになります。

僕たちサイト運営者は広告主のつぎに必要な存在だということですね。

1.ユーザー

2.広告主

3.サイト運営者

4.google

このような優先順位になっているのを根本的に理解するためには、お金の流れを考えることが重要です。

僕たちがアドセンスを運用して収益を発生させたときは、googleから収益をいただくことになります。

googleから収益をいただいてはいますが、そのお金はもともとは広告主がgoogle側に支払っているお金です。

そして、googleにお金を支払っている広告主ですが、広告主は広告をクリックしてサービスを利用した検索ユーザーからお金をもらっています。

検索ユーザーと広告主の2者がいなければ、アドセンスの収益は1円も発生しないということでね。

実はこの部分に気が付かないままアドセンスを運用している方が結構おおいのですが、ここに気づかないままアドセンスを運用すると結果がでにくくなります。

主観的な感情が先行してしまうと、お金を振り込んでくれるgoogle側と、そのお金を受け取る自分のことしか考えなくなるかもしれません。

ですが、検索ユーザーのことと広告主のことをとにかく中心に考えながらサイト運営することが、アドセンスで安定的な収益を手にするために必要不可欠です。

アドセンスで稼ぐために必要なマインドセット

先程もお伝えしたようにアドセンスで稼ぐうえで、ユーザーと広告主の気持ちを理解することはかなり大切な部分です。

実際にアドセンスで大きく収益化できている人ほどアドセンス運営においてのマインドセットが確立されています。

検索ユーザーが喜んでくれること、感謝してくれること、嬉しい気分になってくれること、役に立つこと、数えればキリが無いくらいに、アドセンスで成功している人は、ユーザーのことを第一にコンテンツを作っているものです。

反対にアドセンスでうまく収益化ができない人ほど、「稼ぐぞ!」と稼ぐ気持ちばかりが先行してしまって、検索ユーザーや広告主の気持ちを理解できないままサイトを運用しています。

もうお分かりかもしれませんが、googleというのは良いサイトを上位に表示させたいと思っています。

アルゴリズムでそういうふうになるように設計されているからです。

ユーザーのために真心を込めて丁寧にサイトを作っていくマインド、ここがなければアドセンスで上手く稼ぐことはできないと言っていいでしょう。

アドセンスをスタートさせる前に考えるべき4つのポイント

グーグルアドセンスで稼いでいくには、ブログやサイトなどの運営において、どういった考えをもってアドセンスを運用していくのかが大切になってきます。

ということで、アドセンスを運用するまえに知っておいたほうがいい手順と考えについてご説明します。

1.自分の得意としているジャンルを熟考する

好きこそものの上手なれということわざがあるように、自分の得意分野を活かすことができればスムーズにアドセンスで収益化をあげていくことができます。

例えば、趣味がある人とない人とでは、趣味をもっている人のほうが、はるかにそのジャンルに特化した知恵や知識を保有しているものです。

自分の得意分野というのは、なかなか自分では見つけられないかもしれませんが、どんな些細なことでもいいのでまずは紙に書き出されていくことをオススメします。

・専門的な知識や他の人に比べて優位性をもっているジャンルがあるか?

・過去に経験した体験や出来事のなかに価値ある情報が埋もれていないか?

・現在、経験していることをノウハウとして配信することはできるか?(育児、仕事、人間関係)

・自分の熱中できること、情熱を注ぎ込めるものはなにか?(趣味や習慣など)

なかなか自分のなかで、得意なことや好きなことを思い起こせない場合は、第三者に自分の長所や優位点などを確認してみるのも有効な方法だと思います。

2.検索ユーザーに喜んでもらえる情報を提供する

いくら自分が専門的な知識をもっていても、それが検索ユーザーにとってメリットのあるものでなければ、意味がありません。

コンテンツの良し悪しをジャッジするのは、サイト運営者ではなく検索ユーザーや広告主であることを肝に銘じておくことは大切です。

ただ、あまりに慎重になって考えてしまうと手が止まってしまいます。

まずは自分が得意とするジャンルやテーマがユーザーに求められるものならば、それに関する情報を発信していきましょう。

サイトを制作するときのポイントとしては、ユーザーが検索窓に実際に打ち込んでいるキーワードから専門的なコンテンツをつくっていくことです。

感覚としては、専門誌をつくるような感覚でユーザーに価値を提供していくかんじですね。

専門的な情報がユーザーにとって難しいものであれば、分かりやすい情報として発信していきます。

3.サイトを出来るだけ多くの人に見てもらえるような工夫をこらす

アドセンスの収益化で大事になってくるのが、サイトを出来るだけ多くの人にみてもらうことです。

自分のサイトに訪問してくれた検索ユーザーが、1ページだけでなく何ページも隅から隅までたくさんページを見てくれることでより多くの収益化が期待できます。

そのために、まずは集客方法を考えていくことが重要です。

より多くの訪問者をサイトに呼ぶことができる最適な集客方法が見つかれば、アドセンスでの収益化がスムーズに進んでいきます。

検索エンジンからの流入なのか、あるいはソーシャルメディアなのか、はたまた広告を用いた手法なのか。

集客方法にはいくつかの種類がありますが、発信する情報によって適切な集客方法が異なるものです。

なにより大事なことは、一度訪問してもらった検索ユーザーが自分のサイトに再度訪問したくなるようなサイトを設計していくことです。

新規のサイト訪問者がリピーターになって、そしてリピーターが新しい新規の訪問者をサイトに連れてくるような、そんなサイトを作っていけるようなコンテンツを量産していきましょう。

4.収益を最大限に引き上げていく施策を考える

アドセンスで収益を上げていくうえで、大事なこと。

それは、「ユーザーがクリックしたくなるようなアドセンス広告を表示させること」です。

そのために僕たちサイト運営者は、ユーザーの嗜好や価値観を理解しながらコンテンツを制作していくことが求められています。

検索ユーザーが実際に検索窓に打ち込んでいるキーワードについて熟考してコンテンツを作っていくことで、それに準ずる広告を表示させることが可能です。

また、アドセンスの収益アップのためにはクリック率を引き上げるための適切な工夫が必要です。

クリック率をあげる適切な工夫というのは、誤ったクリックやクリックを誘導させることではありません。

グーグルアドセンスのポリシーに則った形式でクリック率を引き上げていくという意味です。

そのためには、アドセンスのレポートを参考にしたり、アドセンスの新しい機能を使用していくことが大切です。

アドセンスの機能は、年々進化していってます。

初期のころはテキスト広告が主流でしたが、今ではディスプレイ広告が多くの収益をもたらしてくれています。

最近ではアドセンスの自動広告がリリースされたことで、比較的かんたんに収益をアップさせることができるようになりました。

アドセンスで稼ぐために大事なこと(まとめ)

・アドセンスで稼ぐにはgoogleの基本的な考え方を把握しておく必要がある

・googleがもっとも大事しているのは検索ユーザーである

・アドセンス運営者は検索ユーザーのことを第一にしてサイトを運営していく必要がある

・検索ユーザーと広告主がいて、はじめてアドセンスで稼ぐことができる

・自分の持っている専門的な情報(ノウハウ)を出来るだけ多くの訪問者に提供し、役立ててもらう