【大好きなことを収益に。】アドセンスは人生を変える1つの手段

【大好きなことを収益に。】アドセンスは人生を変える1つの手段

「大好きなことを収益に。」

これはGoogleアドセンスのお申込み画面のなかにあるキャッチコピーです。

このキャッチコピーを見るたびにワクワクドキドキして、とってもエキサイティングな気分になります。

僕は、この言葉の中にこそアドセンスで稼ぐための真髄が詰まっていると思っています。

大好きなことが収益になりやすい理由

日本にも、「好きこそ物の上手なれ」という ことわざがあります。

自分が好きなことって、努力とか根性とか そういうのは一切いらないで、楽しめちゃいますよね。

楽しみながら勝手に上達していくって、きっと誰もが心の底で望んでいることだと思うんです。

いま、小学生の将来のなりたい夢のランキング上位にユーチューバーが急浮上してきました。

好きなことで、勝手気ままに、楽しみながら仕事をしたい

↑そんな小学生の素直な気持ちがなりたい夢に反映されているのは個人的に素晴らしいことだと思います。

僕たちサイト運営者も彼らのようなピュアな気持ちでコンテンツを作っていけたら、きっともっとラクに収益をあげていけるんじゃないでしょうか。

やらなければいけない仕事よりも、やりたくて仕方がない仕事のほうが、効率も上がりますし、なにより継続していけます。

やらなきゃいけない、書かなきゃいけない、こうしなきゃいけない

↑そうやって自分のなかで固定観念を強くしてしまうと自由な発想が生まれてこなくなるので、サイトを運営するモチベーションが沸き起こってきません。

そもそもモチベーションが沸かないということは、好きじゃないことを頑張ってやろうとしている可能性が高いですよね。

やりたくないことを無理にやって、成果をあげようとすることは、肉体的にも精神的にも負担がかかります。

僕には やりたくないことはやらないという考えが正解のような気がしてなりません。

アドセンスで収益をあげている人は得意分野を持っている

大好きなことを収益に。というアドセンスのキャッチコピー通りにサイト運営ができれば、多かれ少なかれ必ず良い結果がでると思います。

実際にアドセンスで大きく収益をあげている方は、自分の趣味や日常での体験をコンテンツに活用しています。

独りよがりな記事ではユーザーに満足してもらうことはできませんが、趣味や仕事術(ライフハック)などは、多くの人が求めている情報です。

例えば、熱帯魚が好きな人なら、アクアリウム系のコンテンツを配信していくことで、自分と同じ価値観をもった検索ユーザーの助けとなるコンテンツを作ることができます。

水槽の選び方、水質の管理、繁殖の方法、きっと好きなことなら果てしなく情熱的にコンテンツを作っていけるのではないでしょうか。

そういった意味では自分の興味を持っているジャンルや得意分野をもっている人は、そうでない人と比べて圧倒的にアドセンスで収益をあげていけると言っていいでしょう。

大好きなことが見つからない場合でも打開策はある

もし、いまのアナタに大好きなことがない場合や、趣味などを持っていない場合は、サイトで情報発信することは大きな負担になるかもしれません。

例えば、ライフハックに関する情報を配信することが大好きな人と、ライフハックには興味はないけど収益化させたいから頑張って記事を更新する人とでは、圧倒的に前者が有利です。

やはり、同じジャンルで勝負するとなると、そのジャンルのことが好きで詳しい人には敵いっこないですよね。

だけど、自分には趣味がないからとか得意なジャンルがないからと言って、打ちひしがれる必要は全くありません。

なぜなら、アドセンスでの収益化は必ずしも実体験である必要はないからです。

世の中で必要とされる情報を持っている人にコンタクトをとって、インタビューという形でコンテンツを作ることもできます。

あるジャンルに精通している人から話を聴いたことをメモにまとめて、コンテンツとして配信していく感じですね。

検索ユーザーが探し求めている情報であれば喜んでもらえますし、そういった記事をたくさん書いていけば、やがては膨大なアクセスをサイトに呼び込むこともできます。

仮にそういったインタビュー形式での対談ブログや経験談をサイトにすることが難しい場合でも代替案はあります。

例えば、雑誌や書籍などから得た情報を参考にして、自分なりの考えや感じたことなどを記事に書き綴っていけば、思っている以上に質の高いサイトはできあがります。

ですから、少しでも興味の持てるジャンルや挑戦したいことが出てきたら、迷わずコンテンツとして配信していきましょう。

最初は得意じゃないことでも、ずっと繰り返しそのジャンルについての知識を深めていくと、勝手に好きになっていくことも充分にありえるからです。

そうなれば、好きこそものの上手なれ理論で、そのジャンルで圧倒的なコンテンツを作成していくことができます。

そもそも、趣味や得意なジャンルというのは自分の身の回りの環境によって作られていくものです。

自分から環境を変えてみることで新しいものを見つけることはいくらでもできるので、ぜひ好きなことを作っていって頂ければと思います。

それと、一つだけ注意点を。

アドセンスを運営するうえで、アドセンスのプログラムポリシーはかならず一読するようにしておきましょう。

プログラムポリシーのなかにアドセンスを掲載してはいけない禁止コンテンツが書かれています。

自分の扱うジャンルがポリシーに反するものでないか入念に確認しておかれることをオススメします。

【引用:】https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja

この記事のまとめ

・大好きなことを収益にするのがアドセンスで成功する秘訣

・やりたくないことを無理に頑張る必要はない

・趣味や興味を持っていることを記事にする

・少しでも好きなことができたら、それについて深く探求していく姿勢は必要

・気になる情報を発信し続ければ、やがては大きなアクセスを呼び込むことができる