【最新版】Google AdSenseの審査を1回でラクラク合格する方法|独自ドメインの取得方法も紹介!

【最新版】Google AdSenseの審査を1回でラクラク合格する方法|独自ドメインの取得方法も紹介!

アドセンスで収益を得ていこう!

そう思ったら、まずはアドセンスアカウントを開設しないことには何も始まりません。

今回はAdSenseの申請をする前に具体的に何をしていけば審査に合格するのかについてお話しします。

1.Googleアドセンスの審査を受けるにあたっての留意事項

Google AdSenseの審査基準になるのが、サイト運営者がユーザーや広告主にとって適切なコンテンツを配信できるかどうかという部分です。

アドセンス広告は広告主がGoogleに広告費を支払って掲載されるものです。

ですから、アドセンスの審査に合格するには、広告主から「あなたのサイトに広告を掲載したい」と思われるようなサイトを作ればいいということになります。

多くの場合、ユーザーを第一に考えた適切なコンテンツを作れば、そのコンテンツは広告主にとっても望ましいものであることがほとんどです。

よって、Google AdSenseの審査に合格するにはユーザーと広告主の気持ちになって、真心を込めてサイトを作成していくスタンスが求められることになります。

2.Googleアドセンスの申請をするうえで独自ドメインは必須!

Google AdSenseの申請&審査をするには、いくつかの準備が必要です。

まず、アカウント申請をするうえで必要になるのが、実際にアドセンスを使用していくサイトURL(独自ドメイン)です。

独自ドメインとは、自分の好きな文字列でURLを取得することです。

例えば、当サイトの独自ドメインは「https://fightadsense.com」になっています。

https://●●●●●.com

↑●●●●●の部分を自分の好きな文字列で、取得できるということですね。

ちなみに独自ドメインは世界にたった1つしかない自分のドメインなので、すでに取得されている文字列のドメインを取得することはできません。

独自ドメインを取得するには、お名前ドットコムやムームードメインなどのドメイン取得サービスを使います。

▶参考URL:お名前ドットコム
▶参考URL:ムームードメイン

トップレベルドメインってなに?

トップレベルドメインとは、.com. .net .infoなどのURLの最後にくる文字列のことです。

トップレベルドメインは世界的に共通して使用できるものと、その国でしか使えないものの2つに別れています。

例えば、日本で使えるトップレベルドメインはJapanなので、https://●●●●●.jpといった感じになります。

サイト運営者にとって、ドメイン選びはけっこう大事な部分ですので、焦らずゆっくり選びましょう。

僕が新しくドメインを取得するときは .com .net などのトップレベルドメインを取得しています。

トップレベルドメインにはたくさんの種類がある

.com 主に企業を対象にしたドメイン。commercialの略
.net 主にネットワークに関する企業を対象としたドメイン。networkの略
.org 主に非営利団体を対象としたドメイン。organizationの略
.biz ビジネスを目的に利用されるドメイン
.info 情報サイト等を対象としたドメイン。informationの略
.name 個人を対象とした新しいドメイン

【引用:】https://lolipop.jp/manual/domain/about/

独自ドメインの取得にはレンタルサーバーが必要

なお、サイトのコンテンツを収容するにはレンタルサーバーの契約が必要です。

ドメイン取得をしてレンタルサーバーの契約を完了させることで、はじめて自分だけのサイトやブログを運営できることになります。

レンタルサーバーは、高性能で安定的なサイト運営ができるものがベストです。

たくさんのアクセスがサイトに押し寄せてきても、パンクしないようなタフネスなサーバーが理想的ですね。

安くて安全で高性能なレンタルサーバーはエックスサーバー

安くて高性能なレンタルサーバーの代表的存在といえば、エックスサーバーです。

15年以上の運営実績がありますし、サポートも充実しているので初心者にはエックスサーバーが良いと思います。

エックスサーバーには何種類かのプランが用意されていますが、まずは10日間の無料お試しができる いちばん安いプラン(X-10)で充分でしょう。

▶参考URL:レンタルサーバー「エックスサーバー」の格安契約方法はワイに任せてや!

・独自ドメインの取得

・レンタルサーバーの契約

・新規サイトの設立

↑上記の3点が完了すれば、次はいよいよアドセンスの申請をしていきましょう。

3.Googleアドセンスの審査に通過するサイトの特徴

Google AdSenseの審査は何回でもチャレンジはできますが、できることなら一発で合格したいですよね。

ということで、審査に通過しやすいサイトの特徴について解説していきます。

通過をスムーズに進めていくうえで大事なことは、ユーザーに喜ばれる記事を書くことです。

実際にユーザーが悩んでいそうなテーマやジャンルを決めて、それにたいしての解決方法を紹介する記事などは審査に通過しやすいといえます。

以下にGoogle AdSenseの審査に通過しやすい記事内容について記載しておきます。

・生活の知恵や裏技などのお役立ち情報を配信する記事

・専門的な知識やスキルが必要とされるジャンルの記事(資格のとり方、介護の仕方、ペットの飼い方)

審査に通過しにくい記事の特徴

Google AdSenseでは、ユーザーや広告主に必要とされるコンテンツを配信するサイト運営者を求めています。

なので、基本的には 価値のあるサイトでなければ審査に通過しにくいと言えます。

例えば、その日の出来事を書き綴った日記調のようなコンテンツは受け入れられません。

あなたのことを知らないユーザーは、あなたのその日の生活について知りたいとは思わないからです。

審査に通過しやすいコンテンツのボリューム

アドセンスの審査に通過するには、サイトに掲載するコンテンツのボリュームに気を配ることも大切です。

平均的に審査に通過するサイトというのは、コンテンツが充実しています。

明確にこうだ!と断言できる基準はありませんが、目安としては1記事につき700文字〜1500文字くらいのコンテンツを10記事〜15記事くらいアップロードすれば充分でしょう。

ボリュームがあればいいと思って、ただ文字をダラダラと並べて、まとまりのない記事を作ると かえって審査に落ちる可能性があります。

一つ一つの記事はサイトタイトルと連動するように作っていき、本文中には見出しなども含めながら起承転結で書き上げるのがいいですね。

コンテンツの内容に価値があり、わかりやすく丁寧に書かれていれば、それなりにボリュームも増えるため審査には問題なく通過します。

ある程度、熟考してテーマを決めたら迷うことなく書き上げていきましょう。

4.Googleアドセンスの審査を通過するためにポリシーを理解しよう

審査に通過するには当然ですが、プログラムポリシーに従ったコンテンツであることが重要です。

審査に落ちてしまわないように、アドセンスのポリシーに関するページは必ず読むようにしてください。

ポリシーに反していないコンテンツであれば、基本的に価値のあるものなら どんなジャンルでも構いません。

Googleで禁止されているコンテンツ内容

Googleのコンテンツポリシーである「禁止コンテンツ」には以下のものがあります。

・アダルト コンテンツ

・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

・危険または中傷的なコンテンツ

・危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ

・アルコールに関連するコンテンツ

・タバコに関連するコンテンツ

・ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ

・ヘルスケアに関連するコンテンツ

・ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ

・報酬プログラムを提供するページ

・不適切な表示に関連するコンテンツ

・衝撃的なコンテンツ

・武器および兵器に関連するコンテンツ

・不正行為を助長するコンテンツ

・違法なコンテンツ

【引用:】https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja

Googleが禁止しているコンテンツの種類は予想以上に多くあります。

自分で大丈夫だと思っているものでも、禁止コンテンツになっている場合があるので、充分に確認したうえで審査用のブログを書いていくようにしてください。

とくに健康情報などを扱ったサイトは明確な基準が定められていなく、どこからどこまでが禁止なのかが特定しにくいといえます。

こういったジャンルは審査用でも、審査が合格してからでも、一般の方はあまり挑戦しないほうがいいジャンルだと思います。

もちろん、医師などの医療従事者は専門的なコンテンツを配信していくことができます。

アドセンスの審査を更に通過しやすくさせるための補足情報

基本的に、上記でご紹介したようにアドセンスの審査を通過するには

・ユーザーや広告主の気持ちになって、価値のあるコンテンツを作成する

・プログラムポリシーに合致した健全なコンテンツを記事にする

これら2項目が満たされていれば、審査には通過できます。

ただし、以前に比べれば、ある程度サイトコンテンツのクオリティの高さが求められていると言えます。

昔は日記のような内容であっても審査に通過していたという話も聞きますが、今はそうではありません。

できることなら、念には念を入れて、一回でアカウントを無事に開設できるほうが良いですよね。

ということで、アドセンスの審査をさらに通過しやすくなるための補足情報についてお話します。

他サイトのURLを上手く活用する

アドセンスの審査に提出するサイトは、完全に自分のコンテンツだけを掲載すればいいというわけではありません。

検索ユーザーにとって、よりよい記事を書こうとすると、自分の力だけではどうにもならないときがあります。

もし、自分の取り扱ったテーマの中で、更に詳しく解説されているコンテンツがあれば、引用などを使って他サイトへのURLを含めるのが望ましいと言えます。

コンテンツを作成するうえで最も大事なことは【ユーザーの満足度を高めること】です。

有用な外部リンクを一切紹介しないで、アドセンス広告だけをクリックさせるようなサイト設計をしているサイトがあります。

あれはGoogle的にみれば全くナンセンスな行為だと言えるでしょう。

なので、自分のサイトだけで情報を配信するのではなく、他のサイトも上手く活用していくようにしましょう。

引用や他サイトのURLはココぞという時のアクセントとして使用する

先程、外部リンクや引用も上手く活用しましょうという話をしましたが、逆に使いすぎてしまうのも問題です。

自分が書く文字のボリュームよりも、外部リンクや引用の数が増えてしまうと審査に通過できなくなります。

あくまでもメインのコンテンツは自分が作成したものであるべきです。

引用や外部リンクはココぞという時のアクセントとして使用するようにしましょう。

意外と重要な運営者情報

最近のGoogleは、運営者情報を重要視している気がします。

情報を開示できる人は出来るだけプロフィールを充実させておくのが良いと思います。

アニメやアイコンのプロフィール画像よりも顔写真のほうがユーザーに安心してもらえそうですよね。

やはり、どこの誰が書いたのかわからないサイトより、しっかりと身分を開示したサイトのほうが信頼できるものです。

実際に僕もここは苦手な部分だったのですが、現在はできるだけ自分の顔写真をブログに掲載するようにしています。

審査用のサイトには他の広告は貼らないでおこう

アドセンスの審査を通過させやすくするために、他のクリック課金型広告は掲載しないでおきましょう。

掲載したら審査に通過しないというわけではないのですが、貼らないほうが審査に通過する確率があがります。

というのも、他のアフィリエイトリンクやnendや忍者アドマックスのようなアドネットワークなどは、Googleのポリシーのなかにある項目を満たしていない可能性があるからです。

とくに他のアドネットワークでアダルトと判断されかねないバナー広告が審査用のサイトに実装されていると、審査に通過することがむずかしくなります。

また、そういったポリシーに反する広告でなくても、純粋に広告の量が多いと審査に落ちる対象となるので、審査をするサイトには極力ほかのアドネットワークを外しておくことを推奨します。

【QアンドA】無料ブログでのアカウント開設はできないんですか?

少し前まではアドセンスの申請&審査は、So-netブログやSeesaaブログなどの無料ブログのサイトURLであっても大丈夫でした。

しかし、現在2018年8月時点では、無料ブログからのURLではアドセンスアカウントの新規の申請ができなくなっています。

無料ブログでのアカウント開設が出来なくなったのにはちゃんとした理由があります。

無料ブログは、お金を支払う必要もないので参入障壁がなく、誰でもカンタンにサイトを作ることができます。

カンタンにサイトを持てるということは裏を返せば、低品質なブログが無数にあふれかえるリスクもあるということです。

実際に無料ブログでアドセンスのアカウントが申請&審査できていた頃は、低品質なブログがたくさん出回ってスパムの温床になっていました。

Googleはこういった事態を回避するためにスパム対策として、無料ブログでのアドセンスアカウントの開設を廃止にしたのです。

あくまでも僕の感覚値ですが、無料ブログからのアカウント申請ができなくなったことで、質の高いサイト運営者が増えたような気がします。

質の高いサイト運営者が増えれば、広告主も安心してGoogleに広告を出稿できるので、今後のさらなる環境改善に期待をしたいところです。

今回の記事のまとめ

・Google AdSenseの審査は何回落ちてもチャレンジできる(けど、1回で合格しよう!)

・ユーザーや広告主に喜ばれる記事であれば、比較的簡単に審査基準を通過できる

・もっとも重要なのは、AdSenseのプログラムポリシーに準じたコンテンツを作ること

・価値のある情報を起承転結で記事にしていけばボリュームは勝手に増えてしまう

・審査を通す記事を作成するまえに禁止コンテンツがなんであるのかを理解しておこう