【アドセンスアカウント】警告と一発停止の違い|アカウント停止は復活する?!

【アドセンスアカウント】警告と一発停止の違い|アカウント停止は復活する?!

僕たちサイト運営者にとって、もっとも危惧しているのが、アドセンスアカウントへの警告通知と一発閉鎖です。

今回は、アドセンスアカウントが警告で済む場合と、警告で済まずに一発閉鎖になってしまう場合の条件についてご説明します。

警告通知がきたときの対処法

AdSenseのプログラムポリシーに違反しているサイトにはGoogleアドセンスから警告通知がきます。

アドセンスアカウントに登録しているメールアドレスに警告通知がきたときはビクッとしますよね。

サイト単位での警告メール(一例のイメージ)

お客様

お客様のアカウントを確認しましたところ、Googleのプログラムポリシーに準拠しない方法でGoogle広告が表示されています。

ページ例:https://●●●●●●●●●●●

このURLは一例に過ぎず、このウェブサイトの他のページやお客様のネットワークの他のサイトにも同じ違反がある場合がありますので、ご注意下さい。

アダルトテキストによる描写、Googleプログラムポリシーに記載されているとおり、AdSenseのお客様がアダルトまたは成人向けコンテンツを含むページにGoogle広告を掲載することは許可しておりません。

Googleからの警告通知はGメールだけでなく、アドセンスの管理画面内のポリシーセンターにもメッセージが表示されます。

メッセージがきたら、メッセージ内に記載されている文章を焦らずに落ち着いて確認するようにしましょう。

おそらくメッセージ中には、運用しているサイト内の記事URLが記載されているかと思います。

ここで注意してほしいことがあります。

それは上記に掲載した、警告メールに掲載されているURLだけでなく、記事全体に修正する箇所がないか、サイト全体を見直すことです。

もし、該当している記事が他にも見受けられる場合は、その箇所も修正しておくようにしましょう。

修正依頼を受けたURL以外にも問題がありそうなページがあれば、随時修正していくということですね。

どうしても、警告がきた時というのは不安になって心臓がバクバクしてしまうものです。

まずは呼吸を整え、落ち着いて慎重に自分のページを巡回しながら、ポリシー違反をしている箇所を見つけだしましょう。

すぐに警告通知が受け取れる状態にしておこう

警告通知がきたときに重要なのは、すぐに通知を受け取れる状態にしておくことです。

すぐに通知に気づき、72時間以内に問題を解決することができれば広告の配信停止を防げます。

僕がオススメしているのはアドセンスのモバイルアプリです。

スマートフォンでGoogle AdSenseのアプリをインストールしておけばGoogleからの通知にすぐに気づくことができます。

安心安全にアドセンスを運用する場合には必須のツールになってくると思いますので、必ずインストールしておくようにしましょう。

Google AdSenseモバイルアプリのインストールについての詳細

モバイルアプリのインストール

このモバイル アプリは Android と iOS の両方でご利用いただけます。

  • Android の場合: ご使用の Android 端末のウェブブラウザから Google Play ストアにアクセスして、Android バージョンをダウンロードしてください。
  • iOS の場合: ご使用の iOS 端末のウェブブラウザからApple App Store にアクセスして、iOS バージョンをダウンロードしてください。

【引用:】https://support.google.com/adsense/answer/3251345?hl=ja

長期間の出張や外出などで、アドセンスにしばらくログインできていないときほど、アカウントにたいしての配慮が必要です。

警告が届いてから3営業日以内(72時間以内)に解決しなければ、広告配信が停止してしまいます。

収益を損失させないためにも、こまめにログインする習慣をつけておきましょう。

アカウントに対する警告>サイト単位での警告

警告通知に気づかないままでいると、最悪の場合アカウントが閉鎖して、もう二度とアドセンスアカウントを持つことができなくなる可能性もあります。

ただし、警告メールが届いて広告配信が停止しても、アドセンスのアカウントが剥奪されることはほとんどないので、そこまで心配する必要はないと思います。

気をつけないといけないのは【アカウントにたいする警告】です。

サイト単位での警告とアカウントにたいする警告とは似て非なるものです。

サイト単位での警告なら最悪の場合でも広告の配信が停止するだけで終わります。

ですがアカウントに対する警告であれば話は別です。

過去に何度かポリシー違反をして改善の傾向がみられないときにアカウントに対する警告がきます。

ですから、サイト単位での警告がきたら、しっかりとAdSenseのプログラムポリシーを熟読して適切なコンテンツ作成を心がけることが重要です。

警告がくるサイトの特徴について

サイト単位で警告の通知が入るサイトというのは、改善の見込みがあるサイトが大半を占めています。

例えば、頑張って記事を更新して200記事書いたとしましょう。

その200記事のなかに2~3記事くらいアドセンスのポリシーに違反するコンテンツがあって、そこにアドセンスが掲載されていたとしましょう。

この場合、数記事ほどなので、すぐにコンテンツをアドセンスのポリシーに違反しないような状態に書き換えることで改善が見込めます。

警告がきたときの流れとしては

1.警告が届いてからは3日間(72時間)以内に問題点を見つけて解決する

2.サイト運営者が解決したコンテンツをポリシーチームが確認する

3.問題がないという判断が下されれば、広告が継続して配信し続けられる

といった流れです。

アドセンス広告は警告通知のあいだも配信し続ける形になります。

アドセンスのアカウントが一発閉鎖になると、こんな通知メールが……..

AdSenseのアカウントが一発で閉鎖してしまうと、下記のようなメールがアドセンスから送られてきます。

アカウントの無効化を知らせる通知内容(引用)
アカウントの無効化
このログインの AdSense アカウントは現在無効になっています。 アカウントのステータスに関して Google からメッセージが届いていないかどうかメールの受信トレイを確認することをお勧めします。 この種のメッセージはメール フィルタによって除外される可能性があるため、迷惑メール フォルダもご確認ください。アカウントが不正なクリック行為により無効とされた場合は、無効になったアカウントに関するよくある質問をご覧ください。

このような事態はサイト運営者にとって、非常にショッキングな出来事です。

アドセンスのアカウントが一発で閉鎖してしまうことを、「一発閉鎖」もしくは「アカウントの無効化」と言います。(閉鎖も無効化も どちらも同じ意味です。)

通常、アドセンスのプログラムポリシーに則ったサイト運営をしていれば、一発でアカウントが無効化になるようなことはありません。

アドセンスアカウントが無効化になってしまう一番の要因は、運営している大多数のページでポリシー違反がなされているときです。

あまりにもポリシー違反のページが多い状態だと、Google側は修正することが不可能であるとみなし、アカウントを一発閉鎖にまで持っていきます。

また大多数のページがポリシー違反をしていなくても、アドセンスのプログラムポリシーに大きく違反したページが見つかれば、一発でアカウントが閉鎖されてしまう場合もあります。

これは、Googleが広告主の利益を最大限に守ることを尊重しているためです。

広告主の利益保護ができないポリシーに反する危険なサイトは一発閉鎖になっても仕方がないと言えるでしょう。

アカウントが閉鎖すると、今までの収益はどうなる?

アドセンスアカウントが閉鎖すると、それまでに発生していた収益は全て広告主に返金されます。

もし、ポリシー違反をした覚えがないのにアカウント停止になった場合はGoogle側にたいして異議申し立てを行うことができます。

異議申し立てがGoogle側に受理された場合は、アドセンスアカウントが復活し、引き続きアドセンス広告を掲載することが可能です。

もちろん、アカウントが復活すれば今までの報酬もサイト運営者に支払われることになります。

即座にアカウントが無効化(閉鎖)になる2つの要因

1.児童ポルノと判断されるコンテンツ

児童ポルノと判断されるコンテンツは一発でアカウントが無効化します。

ちなみに実写に限らず、アニメのキャラクターやフィギュア、イラスト、アイコンであっても児童ポルノと判断され、一発でアドセンスアカウントが閉鎖したケースもよく見受けられています。

欧米の人と比較してアジアの人は全体的に若く見られる傾向があります。

そのため成人していても児童ポルノと判断されてしまえば、アドセンスが一発で無効化するため注意が必要です。

児童ポルノに関してはGoogleは極めてシビアであることを肝に銘じておきましょう。

例えば、月間で何百万PVという大手のメディアであっても、児童ポルノだと判断されてしまえば容赦なくアカウントが停止します。

他にも、Google+のインスタントアップロード機能がONになった状態で、誤って子供の水着写真がアップロードされたことで、アドセンスアカウントが停止になったという事例も報告されています。

例え親子という関係であってもGoogle側に児童ポルノと判断されてしまっては元も子もありません。

そういった意味でも、僕たちはサイトにアップロードする写真や画像などに関して細心の注意を払う必要があると思います。

2.無効クリックも一発アカウント停止の条件

無効クリックというのは、広告主にとって不利益が生まれるクリックのことです。

アドセンスの広告はどのような理由であれ、自らクリックすることは断じて許されない禁止行為です。

ですが、人間は誰しも不完全なのでうっかり広告をクリックしてしまうことがあるかもしれません。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

【引用:】https://support.google.com/adsense/answer/1348754?hl=ja

気をつけないといけないのが、PVが少ないときにうっかりミスで誤ってクリックしてしまったときです。

PVが少ない状態で誤クリックがあるとアドセンスが一発停止になりやすいので、AdSenseの運用開始時はとくに注意を払うようにしてください。

もし、自分でクリックしていない状態で、PVが少ないのに広告が何回もされている場合も注意が必要です。

無効クリックが必要以上に発生しているようであれば、連絡フォームに必要項目を記入して送信しましょう。

アカウントで無効なクリックの発生に気づいた場合に必要な対処

サイトにアクセスしたユーザーにより無効なクリックが行われた疑いがある場合は、サイトのログをご確認ください。不審な行為が見つかった場合は、こちらからご報告ください。ご報告いただいた情報に基づいて Google で調査いたします。

【引用:】https://support.google.com/adsense/answer/1348754?hl=ja

アドセンスアカウントが無効になったら完全復活は難しい?

アドセンスアカウントが一度無効になってしまえば、基本的に二度とそのアカウントを復活させることはできません。

通常、ユーザーや広告主を第一に考えたサイト運営をしていれば、アドセンスのアカウントが無効化することはありません。

とはいえ、アドセンスアカウントを完全に剥奪されてしまうサイト運営者もチラホラ見かけます。

できることなら、アカウント閉鎖をうまく解除して再度アドセンスを運営したいと思う気持ちも分かります。

アカウントの無効化が解除される確率は限りなくゼロ

一度アカウントが一発で閉鎖されてしまうと、基本的には二度とアドセンスを使うことはできません。

もちろん、アカウントを剥奪されたサイト運営者が反省し、別のサイトを作って健全なサイト運営をしていく可能性もあります。

サイト運営者からすれば、もう一度チャンスを与えて欲しいと思うかもしれません。

しかしながら、Googleが最優先するのはサイト運営者ではなくて広告主です。

アカウントが無効化になったサイト運営者に僅かな可能性を期待するのはGoogleにとってリスキーな選択肢になります。

Google側からすればプログラムポリシーを遵守するサイト運営者にサイトを運用してもらえばいいので、わざわざ一発停止になったアカウントを復活させる必要はないのです。

アカウントが完全に閉鎖されるまでの4つのフェーズ

 

フェーズ1.警告がくる

警告通知がきている間は、広告配信は継続的に配信されている状況です。

 

フェーズ2.広告の配信がストップする

警告がきているが、所定の72時間以内に対応がなかった場合、広告が配信されなくなります。

サイト運営者が警告を受けた内容を改善し、理にかなったものであるとGoogleから判断された場合には、広告の配信が再開されます。

なかには、警告通知がこない状態で一発で広告の配信がストップすることがあるようです。

そのような一発広告配信停止はアドセンスのプログラムポリシーに大きく違反するようなコンテンツを掲載している可能性があります。

 

フェーズ3.アカウント停止

連続してサイト運営者がポリシー違反をした場合は、アカウントが一時的に使えなくなることがあります。

アカウントが使えなくなるということは、アドセンスの機能がすべて停止するということです。

当然、広告も表示されなければ収益も発生しませんし、これまでのアドセンスの報酬も保留されます。

しかし、アカウント自体は停止しているだけであって有効です。

停止期間が解除さえされれば広告配信を再開させることができます。

フェーズ4.アカウントの閉鎖(無効化)

何度もポリシーに反する同様の警告を受け、改善する余地がないとGoogleに判断された場合、アカウントが閉鎖(無効化)します。

また、児童ポルノや連続した自己クリックなどの違反の度合いが酷いものに関しては一発でアカウントが閉鎖することもあります。

一度アカウントが閉鎖(無効化)してしまうと、基本的には二度とアドセンスを運用することができません。

アカウント閉鎖までの順序はサイト運営者によってバラバラ

アドセンスのアカウント閉鎖に至るまでの順序はサイト運営者によってまちまちです。

プログラムポリシーを何度も違反して、アカウントが閉鎖される場合もあれば、一発でアカウントが閉鎖されてしまうこともあります。

本来なら即座にアドセンスアカウントが無効化することはありません。

なので、一発でアカウントが無効化するのはかなりひどいケースだといえるでしょう。

検索ユーザーや広告主にとって不利益を与え、Googleの目指す世界の邪魔をするサイト運営者は強制退場されて当然です。

Googleはアドセンスポリシーを遵守するパートナーを尊重する

Googleにとって、サイト運営者は広告を配信するうえで必要なパートナーです。

パートナーを失うことなどは望んでいません。

つまり、Googleはアドセンスを運用するパートナーのアカウント閉鎖をやりたくてやっているわけでないのです。

ごく稀に、間違ってアドセンスのアカウントが無効化することもあると聞きます。

ですが、ほとんどの場合、適切にサイトを運用していれば閉鎖することはありません。

新しいアドセンスアカウントで再申請することは可能か?

アドセンスアカウントが閉鎖したときに考えるのが、新しいアカウントでの再申請です。

アカウントにログインするメールアドレスさえ変更すれば、再び申請できると思うかもしれません。

ですが基本的には一度無効化してしまうと、再申請はできません。

例えメールアドレスを変更して再申請したとしてもアドセンスの新しいアカウントを持つことは難しいと言えます。

アドセンスでは、メールアドレスだけでなく、銀行の口座情報、サイトのURLなどを変更しても、アドセンスの再使用は許可していません。

もちろん、IPアドレスを変えて、住所や振込先、サイト情報など全てを変えてアドセンスを申請すれば再度使用できます。

ただ、アカウントが開設されたとしても、再度アカウントが停止してしまう可能性が大いにあります。

一時的にGoogleのシステムの抜け道を通り抜けることができても、以前のアカウント情報と紐づけられればアカウントは閉鎖してしまうからです。

Googleがすごいのは、重複アカウントの調査をありとあらゆるものを活用して調査していることです。

発信している位置情報、サイト情報の特徴、IPアドレス、アクセス解析など、いろいろな条件をシステム的、人的に行なっています。

なので、基本的にアドセンスアカウントの新たな再申請は原則不可能だと思っておきましょう。

この記事のまとめ

・警告は一発アカウント停止と違って、アカウントは閉鎖されない

・警告通知がきたら72時間以内にコンテンツを修正しよう

・警告通知がきてから72時間以上コンテンツを修正しないと広告の配信が停止する

・アドセンスアカウントの一発停止からアカウントが閉鎖するとアドセンスアカウントが永久に剥奪されてしまう

・自己クリックは絶対にやってはいけないポリシー違反行為(サイト運用初期はとくに注意)

・アドセンスアカウントを新しく作ることは基本的にできない